京都 宇治黄檗/萬福寺

京都 宇治黄檗/萬福寺

黄檗山萬福寺は1661年に中国僧 隠元隆琦(いんげんりゅうき)禅師 によって開創される。日本からの度重なる招請に応じ、63歳の時に弟子20名を 伴って1654年に来朝。宇治の地で寺を開設するにあたり、隠元和尚は 寺名を中国の自坊と同じ「黄檗山萬福寺」と名付ける。 萬福寺の伽藍建築・文化などはすべて中国の明朝様式である。 美術・建築・印刷・煎茶・普茶料理、隠元豆・西瓜・蓮根・孟宗竹(タケノコ)・ 木魚なども隠元禅師が来られてから日本にもたらされたものであり、 当時江戸時代の文化全般に影響を与えたといわれている。

写真の情報

撮影者
データ

Canon Canon EOS 5D Mark III 絞り5655638/1000000 0/1 発光禁止 1/125秒

コメント

産経新聞 写真報道
― 9/10/2014 7:14:10 AM
今月いっぱいで一旦終了します。長らくお付き合いいただき有難うございました。最初は、きれいな花の写真からのご投稿でしたね。コンデジから一眼へかわり、作品の幅も広がりました。写真を好きになってもらって、こちらこそ感謝しております。siren さんの掲載作品は、232枚ありました。どれも思いのこもった一枚一枚です。残り少ないですが、お手持ちの作品をお送りください。
産経新聞 写真報道
― 9/3/2014 3:19:55 AM
インゲン豆もそうですか。古来の中国文化は好きです。正面からの、このアングルは定番ですが、その特徴が一番わかるアングルでもありますね。
s
siren
― 9/9/2014 11:28:04 PM
報道局様、ありがとうございます。先程ログインしてお知らせを 受け取りました。9月30日でこちらは終了となるのですね。 お忙しい中、コメントも書いて頂いていつも嬉しかったです。 最初はとても小さなコンデジの写真から始まって、気がついたら フルサイズ機を購入してあちこち撮りに行くようになりました。 こちらでこうやってお勉強になるコメントを頂いていた事で 写真撮影が楽しくなるきっかけとなりました。 その機会を与えて下さった報道局様に感謝致します。 私信ではございますが、お礼の言葉を書かせて頂きます。 本当にありがとうございます。