浄智寺、岩のトンネル

浄智寺、岩のトンネル

浄智寺の散策路の途中に”指さし布袋様”に向かうための岩のトンネルがあります。上の方には太い木の根がむき出しに張り巡らされていて思わず見上げてしまいます。

写真の情報

撮影者
データ

Canon Canon PowerShot G10 絞り95/32 -2/3 発光禁止 1/30秒

コメント

産経新聞 写真報道
― 9/12/2014 2:42:02 AM
質感とは、よく使いますが、便利な言葉ですね。柔らかい物を柔らかく見えるように撮る。硬いものを硬く見えるように撮る。口では簡単に言いますが、けっこう大変です。概念みたいなものですから。写真部でバイトしていたころ、商品撮影を担当していました。「ダイアモンドの輝きを出せ!」「質感が出てねえだろ!」などと、何度も撮り直し。ライトの当て方や、段階で絞りを上げていくことで、その違いを覚えるんです。コンデジでは、絞りを替えることはできないので、光の当たり具合を考えます。順光ではなく、斜光の時間帯を狙います。アングルを変えたり、近づいたり離れたりしながら、被写体の一番いい“顔”を探します。
産経新聞 写真報道
― 9/11/2014 2:39:53 AM
ごつごつした岩肌の質感が、頑丈そうです。
産経新聞 写真報道
― 9/10/2014 8:19:18 AM
露出の難しい写真だなぁ~と思ってましたが、ちゃんと-2/3補正かけてありましたね。岩に張る木の根っこを見るたび、生命力を感じます。