青春の1ページ

青春の1ページ

夏の夕暮れ、鴨川を歩いているとほっとするようなグループを見かけました。 青春真っ直中といった感じで、もう何十年も前の自分と重ね合わせてしまいました。 彼らに良き人生を!